読書と〇〇 Masahiro Aoyama 日記

1000冊/年の読書、ミニマリスト

【本感想】スタートライン(喜多川泰)【2016年2冊目】

18歳の主人公と転校生との恋愛ストーリー。

夢と情熱をもって生きることが、人生を幸せにしてくれる、そんなことを教えてくれました。

明るい気分にさせてくれるいい作品です。

多くの人に読んでもらいたいです。

 

スタートライン

スタートライン