読書と〇〇 Masahiro Aoyama 日記

1000冊/年の読書、ミニマリスト

【本感想】池袋ウエストゲートパーク(石田衣良)【2016年3冊目】

池袋を舞台に、主人公マコトは、殺人事件、麻薬取引、抗争などに関わり、解決していく。

話はとても面白く、ぐいぐい引き込まれ一気に読んでしまいました。

なかなか重いテーマであるが、登場人物の魅力、心情がよくわかる表現があいまって、スラスラ読ませてくれる。

次シリーズも読もうとおもいます。

 

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)