六本木に住むミニマリストmasaのブログ

365冊/年の読書、ミニマリスト、クラブナンパ、鉄道マニア

積極的手抜きの記事

こんな記事を見つけました。
http://smart-flash.jp/lifemoney/17633?sp
そもそも手抜きには、二種類あって
①手を抜いて、頭も使わないタイプ
②他の有益な事に頭を使う為に、頭を使って手抜きするタイプ
①は、たださぼっているだけで、仕事の結果も出していない、ダメな手抜き。
②は、仕事の結果をだしつつ、自動化またはショートカット化していくこと。浮いた時間は、自分の好きな仕事や、遊びに使えばいい。
②は、「ずるい」「手抜きだ」といわれるが、手抜きでなにがわるいの?というのが堀江氏の主張。

仕事のコアな部分だけしっかりと理解し、今はやりのAiに作業をしてもらって、、なんて時代がくるのかもしれない。