読書と〇〇 Masahiro Aoyama 日記

1000冊/年の読書、ミニマリスト

2018年 会社は2年でやめていい

①リスクへの対策

稼げるうちに、なるべくたくさん稼ぐ

稼ぐが勝ち

 

②たくましさ

状況が悪くなれば、自力で転職するならして、自分の生活だけは自分で守るといったたくましさが必要。

 

③自分会社を経営する

自分の仕事の能力が商品になるわけだが、この商品の価値を上げるためには、時間や努力といった、投資が必要だし、その方向性を決めるために調査企画的な思想が必要だ。

 

③ウォーニング

十分な実績が上がらないセールスマンを解雇する場合、2,3ヶ月猶予を持たせる。多くの場合、ウォーニングを受けた時点で社員は首の覚悟を決めつぎをさがしはじめる。 

会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書)

会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書)