1000冊/年読書を目指すmasahiro日記

1000冊/年の読書、読書環境最適化、池上彰

2018年 181冊 モチベーションマネジメント

 ①世の中の3ヶ月は当社の一年という時間感を構築

世の中で一年が終わった時。当社の四年が経過していることになる。一年の区切りは年4回。複数の区切りを設けることで、デッドライン効果が何度も働き、社員の時間感覚が、濃密になる。

②1つのことをなす

愚直に目の前のことに取り組む、1つのことに集中し結果を出す、こういう積み重ねによってしか大業はなせない。

多くの視点を持ちすぎて集中できずにたちどまっているかたは、それを自覚させ、とにかく1つのことにズームインさせる。あえて、視界を狭めることが重要である。

 

③希少性

1日1日の積み重ねが、自分の希少性をたかめ、来るべきその時の選択肢を広げる。これだけのことを成し遂げたとの現実は毎日毎日の積み重ねがつくるのだと理解させたい。

 

《masahiroコメント》

先んずれば人を制す。1つのことを、人より先に始めるだけ。これがことをなす人の真理。