読書と〇〇 Masahiro Aoyama 日記

1000冊/年の読書、ミニマリスト

2018年 187冊 ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人

 ①太宰

まじめにどりょくしていくだけだ。これからは単純に、正直に行動しよう。知らないことは知らないといおう。できないことはできないといおう。思わせぶりを捨てたならば、人生は意外に平坦なところらしい。

 

②継続的な読書

伸びる人は読書の習慣を持っています。頑張って努力してます、という風にはみえません。自然体でいながら書籍を読み続けているというのは、読むことが習慣化しているからです。先人たちの失敗を自分も繰り返す必要はありません。書籍を読むと、実際は失敗せずに、体験を積むかことができます。

 

③競争相手は他人ではない

目標に他人に勝つことを入れないほうがいいでしょう。他人との勝ち負けにこだわるほど、人生を無駄にすることはないとおもいます。亀はゴールを見ていたからウサギに勝てた。逆にウサギは、ゴールではなく、亀を見ていました。

 

《masahiroコメント》

ローマは1日にしてならず。目標は、1日で、成し遂げられない。長い年月と、苦労を一歩一歩すすむことだ。

 

 

 

ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人 【第二版】 (技評SE選書)

ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人 【第二版】 (技評SE選書)