読書と〇〇 Masahiro Aoyama 日記

1000冊/年の読書、ミニマリスト

2018年 194冊 池上彰のお金の学校

 ①機会費用

ある行動をとることで、他の行動をとることができなくなる。例えば、大学の講義に出ることで、デートに行くか書きをぎせいにしている。あなたが選択することで、他の選択肢を放棄している。このように考えると、今とっている行動が大変貴重なものであることがわかる。

 

リーマンショック

巨大投資銀行リーマン・ブラザーズは破綻。これをうけて、世界的な金融危機に突入したので、リーマンショックという、。金融業界は、1つでも銀行が潰れると、一気には不況となる。それは、お金の流れが悪くなるから。銀行が破綻すると、もしかするとあの銀行もあぶないのでは、と金融業界で不安が広がります。よって、お金の貸し借りが鈍くなり、社会全体におかねがまわらなくなる。

国債

国自身が発行した借金証明。国債はうりかいもされる。国が発行した借金証明書はかなりしんようできますよね。停滞したり夜逃げされる心配もありません。

 

《masahiroコメント》

時は金なり。時間はお金よりも、ずっと貴重。今何をする機会なのが熟考すべし。

 

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)