六本木に住むミニマリストmasaのブログ

365冊/年の読書、ミニマリスト、クラブナンパ、鉄道マニア

2018年 250冊 手ぶらで生きる

①将棋

彼に必要なのは布団と将棋盤だけ。ものが増えれば増えるだけ余計なノイズが増え、思考や判断を鈍らせてしまう。本当に必要なもの以外何もおかずに誘惑をなくせばシンプルに本質とだけむきあえる。

 

②3択にしぼる

心理学者は、選択肢は多ければ多いほど人は不幸になってしまう。選択のパラドックス。無力感が生まれる、人は決断に疲れて、買うこと自体を諦める。満足下がる、余計なものは見ないに越したことはない。期待値が増えすぎる、豊富な品揃えをみて期待値がたかくなり、美味しくても満足を得られない。選択が減れば迷わないで済む。僕は、毎日同じコーディネートのような一択まで減らしているが、まず第一ステップは、3択を目指そう。

→なるべく選択しないで済ませるのが、幸せへの近道

 

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法