2018-01-01から1ヶ月間の記事一覧

2018年 42冊 男は一生好きなことをやれ

小さく生きては、失敗しない。大きく動いて失敗する。男は一生、好きなことをやれ!: 世間を気にして、自分を小さくするな (知的生きかた文庫)作者: 里中李生出版社/メーカー: 三笠書房発売日: 2016/10/22メディア: 文庫この商品を含むブログを見る

2018年 41冊 この世で一番大事なカネの話

やっぱりカネがないと、人生楽しめないのかもしれない。波瀾万丈著者の経歴。エロ本出かせぎ、サンデーの連載を勝ち取る執念。悲しい話もあるけど、「カネ」ありきな話が、なんだか元気が出る話になっている。読んでみて。この世でいちばん大事な「カネ」の…

2018年 40冊 論理的思考 最高の教科書

論理的思考のキモが書かれています。進め方は、方法論解説→演習問題の繰り返し。帰納法、演繹法について詳しく書かれているが、フレームやツリーなど図は出てこない。論理的思考 最高の教科書 (サイエンス・アイ新書)作者: 福澤一吉出版社/メーカー: SBクリ…

2018年 39冊 雑学の威力

雑学。全然役に立たなそうだけど、ときに窮地を救ってくれることもある。やくさんのそれの1つは、相撲。それで仕事が増えたりもしたらしい。最後のあとがきが、またいい。雑学は「全然役に立ちません!」雑学の威力 (小学館新書)作者: やくみつる出版社/メ…

2018年 38冊 困った時のアドラー心理学

アドラー心理学大家の岸見氏が、様々な相談に答える。自分の人生の責任は、自分自身が取るしかない。一度しかない人生を一体自分以外の誰のために生きるというのか。そうだなーと思う。困った時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)作者: 岸見一郎出版社/メー…

2018年 37冊 もう一度仕事で会いたくなる人

あいさつ、電話、メールなど一般的な方法は、相手に不快を与えることもある。もう一度、仕事で会いたくなる人。 (PHP文庫)作者: 千田琢哉出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2017/06/03メディア: 文庫この商品を含むブログを見る

2018年 36冊 人を見抜く技術

人の行動、仕草から、本性を見抜く方法が書かれています。例えば、靴を見ればその人がどのような人かはわかります。また、人は気にする人に対してあえて他の方向を向いたりします。しかし、靴のつま先の方向に本性が現れるそう。surprisebook/人を見抜く技術…

2018年 35冊 知的人生を楽しむコツ

「こうしたらもっと楽しいんじゃない」といったアドバイスがもらえます。例えば、趣味。スポーツだけじゃなく、芸術などもみるといいといっています。知的人生を楽しむコツ作者: 齋藤孝出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2017/06/17メディア: 単行本(ソフ…

2018年 34冊 あと20年でなくなる50の仕事

AIの進化により、従来の仕事はどんどんなくなってゆく。どういう未来を描いていけば良いのか。自分の仕事を考える良い機会のなった。あと20年でなくなる50の仕事 (青春新書インテリジェンス)作者: 水野操出版社/メーカー: 青春出版社発売日: 2015/04/02メデ…

2018年 33冊 逆襲される文明 日本人4

古代ヨーロッパについて多くの著書を持つ塩野氏。イタリアの首相は39というのも驚きだが、なんと、国会にいた経験はなく市長から一気に首相。しかも、内閣主要幹部の半分は女性。これを、塩野氏の切り口で述べる。面白い。逆襲される文明 日本人へIV (文春新…

2018年 32冊 マジで会話が苦手でも楽しい人になれる本

平凡なことでも、繰り返すとわりと面白い。https://www.amazon.co.jp/マジで会話が苦手でも、「楽しい人」になれる人-PHP文庫-野口-敏/dp/4569767990メディア: この商品を含むブログを見る

2018年 31冊 睡眠を整える

寝るときには、周りになにも置かない。当然スマホ、本、他。確かに、なにも考えることがなくなるので熟睡できた気がします。睡眠を整える 健康と仕事に効く眠り方 (祥伝社黄金文庫)作者: 菅原洋平出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2017/07/12メディア: 文庫こ…

2018年 30冊 コト消費の嘘

コト消費。モノより体験にお金を払うこと。また、モノ消費とコト消費をつなげることも述べられている。例えば、ヤマハ。音楽教室を開講し、楽器を売る。「コト消費」の嘘 (角川新書)作者: 川上徹也出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/11/10メディア: 新…

2018年 29冊 界のエリートが大切にしている仕事の基本

抵抗力がないと飛行機は飛べない。抵抗されたとき、スピードを緩めても飛べない。抵抗されてよりスピードを上げることで、飛び立てる。世界のエリートが大切にしている仕事の基本 (知的生きかた文庫)作者: 福原正大出版社/メーカー: 三笠書房発売日: 2014/12…

2018年 28冊 男性という孤独な存在

男性は孤独である。男性という孤独な存在 なぜ独身が増加し、父親は無力化したのか (PHP新書)作者: 橘木俊詔出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2018/01/17メディア: 新書この商品を含むブログを見る

2018年 27冊 5時に帰るドイツ人。5時から頑張る日本人

ドイツ人は帰るのが早い。そもそも、考え方が違うし、国の法律も残業に関して非常にしびや。5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人 ドイツに27年住んでわかった 定時に帰る仕事術 (SB新書)作者: 熊谷徹出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2017/10/0…

2018年 26冊 すべての仕事がやりたいことにかわる

すべての仕事がやりたいことに変わる―成功をつかむ脳機能メソッド40作者: 苫米地英人出版社/メーカー: サイゾー発売日: 2014/10/03メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る

2018年 25冊 僕ならこう読む

佐藤氏はが、名著を独自の視点で解説する。僕ならこう読む (青春新書インテリジェンス)作者: 佐藤優出版社/メーカー: 青春出版社発売日: 2017/02/02メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る

2018年 24冊 マインドコントロール

マインドコントロールの、悪い面、良い面が描かれている。悪い面は、テロなど。良い面は、自己コントロールなと。マインド・コントロール 増補改訂版 (文春新書)作者: 岡田尊司出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2016/04/20メディア: 単行本この商品を含むブ…

2018年 23冊 京都ぎらい 官能編

著者は京都が嫌いなわけではない。(むしろ好き?)今はあまり考えられないが、昔は大阪よりも京都の方が女性がらみの誘惑が多い町だったらしい。京都ぎらい 官能篇 (朝日新書)作者: 井上章一出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2017/12/13メディア: 新書こ…

2018年 22冊 愚者のエンドロール

学園系の小説。氷菓のシリーズ。面白かったです。愚者のエンドロール (角川文庫)作者: 米澤穂信,高野音彦,清水厚出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2002/07/31メディア: 文庫購入: 17人 クリック: 228回この商品を含むブログ (4…

2018年 21冊 あの会社、この会社の利益の出し方

各業界の利益の出す方法がわかります。加えて、利益率の高い、低い業界の理由もわかりました。図解 あの会社、この業界の「利益の出し方」: コスト削減、業務提携、海外進出……どう生き残るか? (知的生きかた文庫)作者: インタービジョン21出版社/メーカー: …

2018年 20冊 日本の中小企業

日本の中小企業 - 少子高齢化時代の起業・経営・承継 (中公新書)作者: 関満博出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2017/12/20メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る

2018年 19冊 日本の正しい未来

日本の正しい未来 世界一豊かになる条件 (講談社+α新書)作者: 村上尚己出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/11/21メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る

2018年 18冊 キリンビール高知市店の奇跡

田舎の高知支店でどのようにキリンのシェアをのばすか。著者の奮闘劇が書かれており、営業の方は参考になると思います。ただ、自慢話が多い印象です。キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)作者: 田村潤出版社/メーカー: 講談…

2018年 17冊 一分間武士道

新渡戸稲造の武士道の言葉を、著者が解説する。武士道の精神を身に付けたいた思わせる内容である。1分間武士道 差がつくビジネス教養1 (1分間名著シリーズ)作者: 新渡戸稲造,齋藤孝出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2017/12/20メディア: 新書この商…

2018年 16冊 それでもアベと心中しますか

首相の政策のアラを探し、批判していく本書。アベノミクスをアホノミクスと言っている時点で、炎上を狙ってるなと思った。まぁ、これで売り上げはあがるんだろうな。これでも「アベ」と心中しますか? ?国民の9割を不幸にする安倍政治の落第通信簿 (廣済堂新…

2018年 15冊 東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる

東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる (講談社+α新書)作者: 兵頭二十八出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/10/05メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る

2018年 14冊 外国人労働者をどう受け入れるか

時給300円。こんな給料で雇われている外国人労働者が多数存在します。安い給料ならすぐ辞めれば良いと日本人なら思うことからですが、そうもいかない事情が、外国人労働者にはあるのです。(強制帰国させられたりなど)このままだと、日本に海外労働者が来なく…

2018年 13冊 働く女子のキャリア格差

女性のキャリア形成について書かれている。女性管理職、女性知事とは呼ぶが、男性管理職、男性知事とは言わない。その時点で、女性は不利益を講じている。なるほど、言われてみるとその通り。働く女子のキャリア格差 (ちくま新書)作者: 国保祥子出版社/メー…