西新宿に住むミニマリストmasaのブログ

ミニマリスト、クラブナンパ、バーナンパ

2019 16 螢納屋を焼く

1.納屋を焼く

冬の鳥が頭上をよこぎっていく。そして、僕はとしをとりつづけていく。

夜の暗闇の中で、僕は時折、焼け落ちていく納屋のことを考える。

 

よくわからない話だけど、創造の力は強くて、本当にあったように思わせる。

うまくいく創造をして、物を少なくして、身軽に生きよう。

 

螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)

螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)