西新宿に住むミニマリストmasaのブログ

ミニマリスト、クラブナンパ、バーナンパ

スーツのズボンにブラジリアンワックスがついた

より良くしようとして、逆に悪くなることってよくありますよね。

 

今日人と会う用事があるので、鼻毛を抜くためのブラジリアンワックスを使ったんですが、まさかのスーツのスラックスにたれました。

スーツにこびりついて取れません。

固まってから手でこすりながら落としたのですが、くっきりと痕が残りました。

スラックスは捨てるしかない、今日は着ていくしかない。

鼻毛を抜くつもりが、1万5千円のスーツスラックスをダメにする。

 

結局何もやらないほうがよかったのかなーと思ったりもする、

でも、まてよと。

 

私は、自分の見た目を良くするために、鼻毛を根こそぎ抜く『新しい行動』をとったのです。

行動の結果は、-1万5千円でしたが、行動をした価値は高いと思っています。

今日、ブラジラアンワックスで鼻毛を抜かなかったら、一生ブラジリアンワックスで鼻毛を抜かなかったかもしれない。

 

ブラジリアンワックスで鼻毛を抜く価値>1万5千円

 

これは、誇張しているわけでもなく、本当にそうだと思っています。

 

行動の結果、悪い方向に転がったとしても、失敗数という、最も大切な経験値が上がるのです。

 

これからも、リスクを恐れずチャレンジしていこうと思います。

 

鼻毛の話でした。