西新宿に住むミニマリストmasaのブログ

ミニマリスト、クラブナンパ、バーナンパ

データサイエンスを極める

お疲れ。俺だミニマリストまさだ。

俺はデータサイエンティストになるための勉強を始めた。9月の頭にデータサイエンティストの試験を受けることになっている。絶対に受かってやる。

そうすればデータサイエンティストとしての知見を得ることができるし、仕事も分析して超効率的に進めることができるだろう。何のケリをつけるべきなのかと言う1周についてもちゃんと理解できるだろう。

さっきからデータサイエンティストの教科書を読んでいたんだけれども、少し退屈ではある。統計的素養に対する文章がずっと続くとなかなか面白いとは思えなくなってくる。データサイエンティストになって1番変えたい事は自動化することである。自動化は世界を変えると思っている。自分の自由時間も確実に増やすだろう。自動化を実現するためには、データサイエンティストとしてプロ級になる必要があるんだよ。データサイエンティストのプロって誰なのって言われると、慶応大学の安宅教授やデータサイエンティスト協会の方々であろう。

そもそも今いるところがものを作る部門であって、データサイエンティスト的な分析する部門はあまりない。それはデータサイエンティストとしての知識が必要されないのではない。逆にそーゆーデータサイエンティストがいない部門で自動化や分析してみんなが気づけない着物部分を見つけてあげる。それをすると俺の勝ちは最強に高くなるだろう。

そもそも自社で認められても何も嬉しくない。認められるのであれば慶応大学の安宅さんであったりだとか外部のデータサイエンティスト協会の1等に出会ってほしい。


俺は社内で減らそうとしているやつは空かない。だって外に出たらそいつらって全然たいしたことないじゃないか。

その分野でしか知られていないだけである。

俺はデータサイエンティストとして世界的に通用する男となりたいと考えている。そのために英語もある程度しゃべれる必要があるだろう。

よしやったるで。皆さんもがんばりましょう。