西新宿に住むミニマリストmasaのブログ

ミニマリスト、クラブナンパ、バーナンパ

2018年 238冊 箱根の山に挑んだ鉄路

①影響

このまま自動車の通行を無秩序に続けていると、排気ガスからでる窒素酸化物、硫黄酸化物が流水に混入する恐れがある。登山鉄道化は、観光面でも効果がある。

 

②スイス

スイスのベルニナが総延長約20キロメートルと群を抜き、最急勾配70パーミルを全て粘着方式で運行していた。さらに、ベルニナは、箱根と総延長、急勾配など共通する部分が多く、学ぶことが多かった。

 

③日本で唯一の複電圧

小田急箱根登山鉄道への乗り入れでは、軌間と同時にもう1つと問題になったのは電圧だった。新宿ー小田原間は、直流1500V、これに対して箱根登山鉄道は600V。このため小田原ー箱根湯本感は1500Vにあらためられ、箱根登山の車両は2つの電圧に対応できるように改良された。