西新宿に住むミニマリストmasaのブログ

ミニマリスト、クラブナンパ、バーナンパ

投資の現状

今のポートフォリオ

勝間さんの記事を見て、それどうりに買ってみました。

手取りの2割。

リートはリスクがあるっぽいですけど、

そもそも手元にあったら全部使ってしまうので、試しにやってみます。

 

●三菱世界株式インデックス16000 積立ニーサ

●三菱日本株式インデックス16000 積立ニーサ

●日本リートインデックス10000 一般口座

●先進国リートインデックス10000 一般口座

 

 

Kindleファイア7 読み上げ設定

色々な人がKindleファイアの読み上げ設定書いているけど、どのやり方やっても読み上げ設定ボタン

が出てこない、、

結局正しく書いているのはこのサイトだけ。

https://note.com/doyouhave/n/n4609440e3873

結局

本を開いた状態で→Aa押下→その他→読み上げ機能オンオフ

ってやらないといけなかった。

なんで、みんな正確に書いてくれないのだろう❓

 

新しいこと:新しいラーメン屋

今日行ったのは柏のラーメン屋ひむろ。

大阪王将に入ろうと思ったが、1日一つ新しいことをしないといけないので、入ってみました。

味噌ラーメンのお店でした。

会社辞めたいって高頻度で思う件

会社を辞めたいと最近とても思うようになった。

といっても、お金が入って来なくなり、もっと悪い方向に向かうことは分かっているのだ。

でも、言いたい。

まじで会社苦痛。

髭脱毛

ゴリラクリニック の髭脱毛6回目が終わりましたー!

すごく薄くなった!

髭剃りは、今は2週に一回で済むようになりました。

10がこえると、多分ほとんどはえなくなるだろうね。

朝の時間10分、髭剃りに失敗した憂鬱な1日、おさらば!

できることしかやらない

ちきりんさんが言っていた重要なことに、できることしかやらない、と言うことがある。

できることしかやらないから、頑張らなくていい。

でも、そもそもできることって何だろう。

34にもなって何だけど、出来ること、ない気がするのだ。

できることがないのであれば、やはり、最初は相当勉強が必要だろう。

できることしかやらない、の本当の意味は、出来ることが、社会的に評価されるものでなければ、あなたは用無しです、ってこと。

できることしかやらない理論は強者の理論である。

鬱にならないために

前回のブログで、鬱にならないためにちきりんさんが述べていたことについて記載した。

1.楽観的な友達を持つ

2.できる範囲のことしかやらない

 

これを具体化すると、

1.楽観的な友達

→たまに飲んだ後ナンパする友達の〇浦さんだな。

ナンパに失敗しても、

「次いこう!」

「やったね、経験値アップ!」

「disられた、きもちいい!」

など、とりあえずポジティブ笑

 

2.できるはんいのことしかやない

→新しくやるのはもうやめて、今まで少しはやってきて30分くらい出てきそうなものだけやろう。20個中、8個くらい。残りの12個は

できませーん、できまシェーン!ってとぼけてだれかに任せちゃいましょ♪

これで、オッケイ。楽に、できることだけやって、とにかく楽に進めましょう。

 

 

ちきりんさんの鬱にならない方法

ちきりんさんの以下記事はまさにそうだと思いました。

https://chikirin.hatenablog.com/entry/20080326

1.ものを考えない性格の人と付き合う

2.一定以上の努力が必要なことはしない

 

他にも似たような記事

https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/simple-full-life/entry-11907567594.html

 

仕事を惰性で

仕事を惰性でできたらどんなに幸せだろう。

とにかく、何のストレスもなく仕様書を読めるとか、、

今いい感じに惰性でいけそうなのが、サウナありカプセルホテル。

サウナに入って、上がったら勉強して、またサウナ入ってみたいなのを繰り返してできる。

しかも安い。

選択肢を2択にしぼるなら、他の選択肢が影響しないようにする必要あり

選択のパラドックスがわたしの今のトレンドである。

選択肢を2択に絞るとしたら

1.仕事の勉強(年収800)

2.女

 

でも、他の選ばなかった選択肢がおそらく暴れ出すと思うのですよ。

例えば、

・スポーツ お腹ぶくぶく

・ストレス サウナ行けてない

など、これは、選択せずにうまくやり過ごすではないか。

選択肢が2択だった場合のデフォルト

選択肢が2択にできたとしても、比較対象があることから決断の悩みは発生する。これも、例えば10秒考えて決まらなかったらデフォルトを行うにしてしまうのが良いと考える。

1.仕事の勉強(年収800万)

2.女

があった場合、デフォルトは仕事の勉強にすべきである。なぜなら、お金がないと、デートもホテルにもいけないからだ。

面白い例が、臓器提供。

日本は〇〇を提供しますか、で丸をつける。

ある諸外国は、〇〇を提供しませんか、で提供したくないものに丸をつける。

よって、日本の臓器提供は、あんに、提供しないこと、をデフォルトにしているのだ。

デフォルトを何にするかで、意思力を使わずに、意図する実現したいことができるようになる。

選択肢を絞るというけど、3択、2択どっち?

選択肢を絞ると決断しやすくなるようです。

では、3択がよいのか、2択がよいのか、検討したいと思います。

まず、そもそも一択ではダメなのでしょうか。

まぁ、一択でもいいとは思います。しかし、他の人に説明するときに、比較対象がないと、本当に大丈夫?と心配されてしまうと思います。つまり、比較対象が必要と思うのです。

であれば、2択のほうが3択よりも判断回数が少なく、意思力をつかわないと考えます。問題は、2択にしぼれるかということです。まぁ、3択まで絞れたのならできるのではないかと思いますが。

2択に絞るとしたら、以下でしょうかね。

1.仕事の勉強(年収800万円)

2.女

明確っちゃ明確かな笑

ちなみに、3択にする場合

3.筋トレランニング

が追加されます。ここで、判断回数が増えてしまいます。一日にできる決断回数は9000回。少しでも減らして意思力を温存したいものです。