西新宿に住むミニマリストmasaのブログ

ミニマリスト、クラブナンパ、バーナンパ

重要

ちきりんさんの記事。

https://chikirin.hatenablog.com/entry/20130201

マルチタスクマネジメント。できてないな、、

書き殴りでかいてみよう。

 

内容

すでにマルチタスク・マネジメントができてる人は、カレンダーと to do list を統合する必要はありません。

でも、そのスキルがない人がそういう一般的なやり方をすると、to do list は止めどなく伸び、締め切りまでにすべての to do を終わらせる時間が足りないと気がつくのが、締め切り直前になるんです。

青ペン5本目完了

5本目完了しました。

8本/1ヶ月

48本/半年

96本/年

 

今週の目標2本が達成できませんでした。色々と用事が入ってしまい取り組む時間が取れなかったのが原因です。情けないです。

f:id:masa0632001:20211114222105j:image

スキル不足を徹夜と根性で補うは、間違ってる

ちきりんさんのブログ。

https://chikirin.hatenablog.com/entry/20100708

その通りですよね。

だから、全てにおいての正攻法は

スキルを地道に上げる

なのです。

毎日書き殴りを継続していけば、少しずつでもスキルは上がるはず。

読むだけでは、頭がいい山口まゆさんあたりしか、スキルアップはできません。

頭の悪い人の学習においては、書く、声に出す、などのアウトプットは必須なのです。

青ペン4本目完了

4本目完了しました。

8本/1ヶ月

48本/半年

96本/年

 

4本/月ノルマ8本

先は長いです。

f:id:masa0632001:20211107230203j:image

 

読んだだけだと、朝まで読んだっていう思い込みだけになるが、ペンやノートで物理的に結果があると記憶に残っている気がして、それはプラシーボ効果にもなる。

全日本大学駅伝 花尾選手のインタビュー

駒沢優勝しましたね!

最後の青学とのデットヒートはハラハラものでした。

最後の花尾選手インタビューに勝った理由をみました。

解説の大迫からの「後ろにつこうと思わなかったか?」について、

花尾選手「後ろに下がったら負けだと思った。一位は譲る気はなかった」

痺れる。大迫さんも苦笑い。いい意味今後の駒沢の黄金期を見た気がした。

逆に、青学は7区の近藤、8区の飯田とセオリー通り風よけで進めた。

風やけに使うのは本来正しい、しかし、「男前大作戦」のフレーズとはかけ離れているようにも感じた。

 

ps:選手によっては後ろにつくのが嫌な選手もいるみたいね。相手のペースで走ることで自身のペースを崩すみたいな。

だから、どちらが正解でもない。書く確率としては、風除け使えば、7割勝つイメージかな。

青ペンほ消費目標

以前、私は1本/2日青ペンを消費すると言っていましたが、ちょっと仕事もあるので無理そうです。

1本/3.5日が現実的かと思います。

1週間(7日)で2本。

これで進めていくと、

1ヶ月:8本

6ヶ月:48本

1年:96本

となります。

 

くるしいことを標準とする

記憶術の本で納得する内容があった。

苦しみに出会うことはすごくラッキーなこと。経験したことのないような谷を経験した人が、誰も経験したことのない高さの山に登れる。マイナス要素を最高の前提条件にする。

謝りの電話をかけることは誰にとっても嫌ですが、辛さを望む、苦しさを望むを意識してすぐに電話をかけるようにしました。

辛いこと、苦しいことを探し、最優先して実行してきました。

 

なるほどね、その通りだね。バネと一緒。思いっきり縮まないと、バネは上には飛ばない。、

書くことの効果

あるブログで、そうだな、と思った一文。

以下コピー。

https://www.google.co.jp/amp/s/schoolwith.me/columns/amp/32877

「僕の経験上では、理解していないままに書くことが意味が無いことはありません。むしろ、理解していないことでも、書くことによって初めて少しだけ理解ができるようになるものです。」

うんうん、本当にそうだと思う。

わからないことって、2回読んでも、7回読んでもわからないんだよね。山口まゆさんの7回読みが効果的なのは、あの人が頭良すぎるというだけ。

基本的に、模写や音読という文化がある理由は、黙読では覚えられない人が昔から多いからです。

 

いかのブログもその通り。以下引用。

https://www.rarejob.com/englishlab/column/20190310/

「聞き流し勉強法」をご存知の方は多いと思いますが、「書き写し」もそれとよく似ています。聞き流しでは、わからなくてもいいからとにかく英語を耳に入れることが大事でした。書き写しも同じことで、とにかく手を動かして英語を書くことが大事です。この時、最初は英語の内容が理解できる必要はありません。とにかく手を動かすことが大切です。

書き写し勉強法で得られるメリットは、英語に慣れることです。毎日英語のニュースを書き写したら、確実に英語のニュースの文体や単語のスペルに慣れることができます。英語ニュースの文章そのものが、手を動かすことで体の中に蓄積されます。ただ英語を読むだけでは、体で覚えることはできません。」