読書と〇〇 Masahiro Aoyama 日記

1000冊/年の読書、ミニマリスト

2018年 238冊 アイデア大全

①ノンストップ、ライティング

イデアを生む際の抵抗と不安を取り除く。頭の中に形になっていない考えを取り出す。

手順:1.書く準備をしてタイマー15分

        2.タイマーがなるまでなんでもいいからとにかく書き続ける。

        3.怖い考えやヤバい感情に突き当たったら、ようやくおいでなすったと思ってすぐとびつく。

 

②エクスカーション

短時間で大量のアイデアを得たいとき。最初のアイデアを生み出すのに躊躇するとき。

手順:1.〇〇についてのアイデアが欲しいと言ったテーマを決めておく

       2.△△づくし作り。テーマと無関係なもののリストをつくるために、動物、場所などの、カテゴリーをきめ、思いつかなくなるまでかきまくる。

      3.2で作ったリストから1つ選び思い浮かぶことを書き出しながら、テーマと組み合わせてアイデアを考える。

 

③空間と時間のグリッド

問題発見力をたかめる、自分と社会、世界の関連を意識する。

  手順:  1.大きな紙に表を作る、横軸は今日を起点としたみらい時間、縦軸は自分を中心とした空間の広がり。

  2.この表のマス目を埋められるところから埋めて行く。

   3.いくつかの欄を埋めたら、互いに関連する事項を発見したら矢印で結んで、異なる次元で起こる出来事がどのような影響を及ぼすか記載する。

 

④ルビッチならどうする?

行き詰まりを脱する、私淑により自分を高める。

これと言った人物を一人定めておき、行き詰まったとき彼ならどうするかと考えてみる。