六本木に住むミニマリストmasaのブログ

365冊/年の読書、ミニマリスト、クラブナンパ、鉄道マニア

【本感想】駅伝ランナー(佐藤いつ子)【2016年18冊目】

気になったフレーズと感想。

『補欠を引き受けてしまったのは、おれ。結局自分が決めたことなんだ。補欠なんだから、万一に備えてちゃんと準備しておかないと!力を込めて両腕を振った。』

役割に徹することへの葛藤。それを乗り越えて努力を続ける主人公。爽やかな気持ちにさせてくれる作品です。

 

駅伝ランナー (角川文庫)

駅伝ランナー (角川文庫)