西新宿に住むミニマリストmasaのブログ

ミニマリスト、クラブナンパ、バーナンパ

本感想 男の年収は見た目できまる 著平松由貴

男の年収は「見た目」で決まる──なぜ、一流の人は「顔色」が良いのか?

男の年収は「見た目」で決まる──なぜ、一流の人は「顔色」が良いのか?

様々な、見た目をアップさせる方法が書かれている。
肌、目力、腹、姿勢、服装、髪、臭いがポイント。

肌:
十分な睡眠、ビタミンC、牡蠣、運動
目力:
ホットアイマス
腹:
ぶくぶく太っていたら、ビジネスマンとして自己管理能力なし、ご飯を食べるなら冷や飯、運動

姿勢:
背筋だけでなく、全体的につける、前を向いて猫背にならないようにする、あごを上げる

服装:
スーツは臭いやシミに気をつける、毎日同じスーツを着ない(または、同じものは何着か購入しておく)、マークザッカーバーグみたいな天才はティーシャツジーンズでも他でプラスにできるが一般人は真似してはダメ、

髪:
たんぱく質を摂ること、しっかりシャンプーする事

臭い:
耳裏、首をよく洗う事、クエン酸を入れた風呂に入ること、

知ってた知識も多くありましたが、それぞれの重要性を再確認できました。

ケネディ効果って話も面白かった。ケネディニクソンに勝って大統領になったのだけれど、話術や内容はニクソンが上だったみたい。ではなぜケネディが勝てたかというと、見た目にこだわったから。メイクをして、濃い色のぴったりのスーツを着用。それに対しニクソンはダボダボスーツで顔色は青ざめてたみたい。

見た目の効果って思った以上に大きいのだ。
②図

YouTube書評
https://youtu.be/WYw1Sm1uqaU

④実行する事3点
ケネディ効果に合わせてピッタリしたスーツを着る。
・プロフィール写真をプロに撮ってもらう。
たんぱく質疲労回復にも肌にも髪にも良いので頻繁にとる(豆乳.赤身肉)。