読書と〇〇 Masahiro Aoyama 日記

1000冊/年の読書、ミニマリスト

【本感想】すみれ(青山七恵)【2016年16冊目】

気になったフレーズを載せます。

『一番大事な言葉をかぶせて、包んで、本にして、知らない誰かに投げつけてるの。そのうちたった1人でもいい、誰か1人が最後の大事なひと言にたどり着いて、それを何かの助けにしてくれたなら、今まで自分が手を離してしまっただれかが、別の誰かにきっと救われるんだって、ほとんど祈るみたいに、無理やり信じて、書いてるの。』

 

すみれ (文春文庫)

すみれ (文春文庫)