六本木に住むミニマリストmasaのブログ

365冊/年の読書、ミニマリスト、クラブナンパ、鉄道マニア

【本感想:ネタバレ含】99%の会社はいらない(堀江貴文)【2016年24冊目】

気になったフレーズと感想を書きます。

 

『100回打席に立てば一回くらいホームランが出る。下手に頭使って考えて動けなくなるよりも、とりあえずはじめて続けた方が結果はついてくる』

『あらゆるしがらみや人間関係を振り切ってでも、ハマってしまうぐらいでないと、本当の面白さは見えてこない。』

『行動するのは実は簡単である。バカになればいいのだ。僕はバカが悪いことだとは思わない』

厚切りジェイソンさんは、芸人という仕事をしながらIT企業の役員も務めている。彼は、自分を差別化するためのツールとして、大学時代に日本へやってきて日本語を学び、滞在してる間に日本が大好きになったのだという』

 

この本の核は、「ハマる」って事。好きを超えてハマってくると驚くほど成長する。

 

99%の会社はいらない (ベスト新書)

99%の会社はいらない (ベスト新書)